大事な名刺を保管するためのケースを買う前に!注意するべき事とは

取引先の会社に出向いて新しい人と会う、などという時には名刺交換をしますよね。しかし、大事な場面で取り出したケースがボロボロだとしたら、良い印象にはならないでしょう。会社の一員として人に会う時には、持ち物に気を付けなければなりません。

大事な名刺入れのケースが使えなくなって買い替えようとしている人に向けて、購入時に気を付けるべきポイントを紹介します。

裏面印刷を施した名刺作りのポイントとサンプル確認の重要性について

次の名刺入れを探しに行く前に

新しい名刺入れを探す前に、やっておくべき事がいくつかあります。それは、使えなくなった名刺入れの状態確認です。今まで使っていなかったけれど新しく必要になったという場合は良いですが、使っていた物が壊れてしまった場合には、何が破損の原因となったのか調べる必要があります。

長期間使い続けていたせいで壊れてしまったという場合は仕方がないかもしれません。ですが、短い間しか使っていないのに買い替えなければならなくなった場合には、注意する必要があります。壊れたケースの素材を確認してみましょう。

劣化しやすい素材や、摩耗に弱い素材が使用されていたりはしませんか。同じ素材のケースを購入すると、また短期間で壊れてしまうかもしれません。買い替えの際に何度も出費を強いられたくないならば、ケースを購入する時にどんな素材が使われているのかを確認しながら選ぶと良いでしょう。

ケースの基本的な選び方について

特殊な会社に勤めている場合でない限り、ケースを選びで重要になるポイントは限られてきます。大事な所はそう多くないので、頭に入れておくのに苦労する事はないでしょう。ケースを購入する時に大切になるのは、自分が勤めている会社や働いている業種にふさわしいデザインや色合いであるかという点と、持ち歩くのに苦労しないサイズであるかという点です。

ケース選びの際にこの二点を蔑ろにしてしまうと、後々大変な事になってしまいます。しかし、先進的な試みをしている会社やデザイン系の会社に勤めている場合ならば、少しくらいは目を引く見た目であっても良いでしょう。

それ以外の場合では、派手すぎるケースを使用するのは避けた方が良いです。時、場所、場合にそぐわない持ち物を使っていると、自分の会社の顔に泥を塗る事にもなりかねないため、十分に気を付けておく必要があります。

また見落としがちな事ですが、スーツの色にあったケースを持つ事も重要なポイントとなります。あまり違う色のケースを持っていると、持ち物の存在が浮いてしまいます。主役である人物をさしおいてケースが目立つような状況は避けるべきでしょう。

スーツと同系色か、似た色のケースを選ぶのは望ましいです。どうしても色の似たケースが無い場合は、彩度を抑えた物を選ぶとうまくいきます。

状況や使う機会に応じて選ぼう

名刺入れを使う機会が多い人は、なるべく丈夫な作りの物を選ぶようにすると、長持ちして良いでしょう。きちんとした店で選ぶのが面倒だからといって、安物のセール品を購入してはいませんか。そういった物は劣化や摩耗が早く進んで、短期間で駄目になってしまいやすいため、注意が必要です。

何度も買い替えるのが面倒だという人や、物は大切に使いたいという人は、できるだけきちんとした専門店で選ぶのが重要なポイントとなります。素材の違いによって劣化が進む早さは異なりますし、摩耗の度合いも変わってきます。

使う回数が多い人は丈夫な素材のケースを購入しましょう。縫製がしっかりしているかどうかという点も、確認するべきです。しかし、そういった製品に詳しくない人だと、良い物と悪い物の区別がつかない事が多いでしょう。

しっかり作られている様に見えても、使ってみたら駄目だったという場合もあります。わざわざお金を出して買ったにもかかわらず、すぐ買い替えなければならなくなるのは嫌ですよね。そういった問題を防ぐためにも、プロの人に頼るのが一番です。

評判の良いお店や評価の高いお店を見つけて、信頼のおけるスタッフに相談し、最適なケースを選んでもらうのが良い方法でしょう。

使用する機会が多いなら使いやすさに注目して選ぼう

名刺交換の機会が少ない部署などで働いている場合は、ケースの使い心地が気になる事はあまり多くないかもしれません。しかし、頻繁に使用する場合には、ケースの使い心地は無視できないポイントとなってくるでしょう。

扱いにくいケースをそのまま使用し続けていると、劣化や摩耗を早める原因となってしまいますし、名刺交換の際に余分な時間や手間がかかってします。重要な場面で相手を待たせてしまうのは、良い事とは言えません。そういった事がないように、名刺の分類ができるように区切りがされているかという点や、十分な枚数を収納できるように容量があるかという点に注目して選ぶと良いです。

また、ケースの大きさも無視できないポイントです。使い心地の良さは、自分の手の大きさによって異なる事があります。しかし、全ての人に共通する最適なサイズというものはないため、判断に困る人も多いでしょう。そういう時は、購入予定のケースを手に持ってみたり、開いてみた時に違和感がないかどうかが重要となってきます。

良いと思った商品を見つけたら、試しに触って確かめておきましょう。スーツのポケットに入れた時に、取り出しやすいサイズかどうかという点も大切です。ただ、こちらの問題は実際に売り物で確かめてみるわけにもいかないため、お店に行く前にあらかじめポケットの大きさを把握しておくと良いでしょう。

長く快適に使い続けるための注意点

長く使い続ける事ができるケースを選ぶ際は、愛着がわくかどうかという点も重要なポイントとなります。

利便性の良さや耐久性に優れている事も大切ですが、選んだケースを気に入るかどうかも重要です。良いと思ったケースを試しに触ってみた時に、手触りや質感が肌にあうかどうか考えてみましょう。

ケースごとによって、表面の様子も大分違ってきます。人によっては受けつけない手ごたえがあるかもしれません。そういった物を無理に持ち続ける必要はないでしょう。違和感のない素材を選ぶのも大切な事です。ケース選びでは、手入れがしやすいかどうかという事も重要な問題になります。

選んだケースの素材によっては、カビが生えたり、傷みやすい物があるかもしれません。適当に保管している場合だと、なおさらそういった問題が起きやすくなってしまうでしょう。そういった事で頭を悩ませたくないなら、手入れのしやすいケースを選ぶと良いでしょう。

きちんとしたお店で売られている商品であれば、購入時に手入れの方法を教えてくれるため、保管時の参考にできます。分からない場合はスタッフに聞いてみると良いかもしれません。